2019/11/06

final+E5000+%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%AB%E5%9E%8B%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%83%B3+MMCX%E7%AB%AF%E5%AD%90+%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E5%AF%BE%E5%BF%9C+%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AB

以前より欲しかったfinal E5000を最近手に入れました。
エージング前だからなのか、ボーカルが少し近く感じていました。


 
2019/09/05

Final E500 ゲームやVRに特化!

先日発売されたfinal E500を購入しました。
バイノーラルサウンド向けのイヤホンということで、当初はスルーする予定でしたが、Twitter上ではかなり絶賛されていましたので、気になって買っちゃいました。


 
2019/08/30

Final E500 ゲームやVRに特化!

final、ゲームやVRなど“バイノーラル音源に最適”なイヤホン「E500」 - PHILE WEB:

S’NEXTは、自社ブランドfinalのダイナミック型イヤホン「E500」を、本日8月28日より発売する。価格は1,980円(税込)。
E500は「バイノーラル技術を用いて音の方向感を再現するゲームやVRコンテンツを再生するための新たな研究成果から生まれた」というイヤホンで、バイノーラル制作された音源特有の違和感が少なく自然な音色により、音源そのものに集中することが可能だと同社は説明する。

(Via PHILE WEB)


finalから新しいイヤホンの登場です。
今回は「E500」。


 
2019/04/02

Master+%26+Dynamic%28%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%26%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%29+%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%83%B3+MW07+Bluetooth4.2+NFMI%E6%8E%A5%E7%B6%9A+IPX4+%E9%98%B2%E6%BB%B4%E4%BB%95%E6%A7%98+AAC%2C+Apt-X%E5%AF%BE%E5%BF%9C+%E9%80%A3%E7%B6%9A%E5%86%8D%E7%94%9F%E7%B4%843.5%E6%99%82%E9%96%93+%E6%9C%80%E5%A4%A714%E6%99%82%E9%96%93%E5%86%8D%E7%94%9F+%E5%84%AA%E3%82%8C%E3%81%9F%E8%A3%85%E7%9D%80%E6%84%9F+%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%88%E7%B4%A0%E6%9D%90+%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%82%B9%E8%A3%BD%E5%85%85%E9%9B%BB%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9+%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%A0+%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81+%E4%BF%9D%E8%A8%BC%E6%9C%9F%E9%96%932%E5%B9%B4%E3%80%91

1,300円から買える! 新生活にオススメの高コスパイヤホン一挙紹介。完全ワイヤレスから有線まで (1/3) - PHILE WEB:

2019年もあっという間に3ヶ月が過ぎて、4月となった。春、新生活のシーズンとなる。もうすぐ元号が変わることもあるし、気分を一新するためにも身近な存在から、たとえばイヤホンを新調してみてはいかがだろうか。
音が変われば気分も変わるのは確か。特に、スマートフォン純正の付属品を使っている人、壊れるまで交換か考えていなかったという人には、ぜひともこの春はイヤホンを新調してもらい、音楽をよりよい音で、アクティブに楽しんでもらえたらと思う。

(Via www.phileweb.com)


新生活が始まったから、これから始まる方、イヤホンの揃えは大丈夫でしょうか。
特に、今年から通勤、通学が始まる方には、音質の良いイヤホンがあるだけで気分が変わると思います。


 
2019/01/29

final E4000H、E5000H発売

final、イヤホン「E5000」「E4000」をケーブルなしにすることで割安に買える「アタマ売り」 - PHILE WEB:

S’NEXTは、finalブランドのイヤホン「E5000」「E4000」をケーブルなしの本体のみで販売する「アタマ売り」を直販サイトで開始した。それぞれ「E5000H」(19,800円)、「E4000H」(10,800円/いずれも税込)という型番と価格で販売している。

(Via www.phileweb.com)


finalのE4000とE5000のケーブルレスモデル「E4000H」と「E5000H」が直販サイトで発売されたそうです。
ケーブルを既に持っている方や変更される方には良いですね。

 
2019/01/16

final+E3000+%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%AB%E5%9E%8B%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%83%B3+FI-E3DSS

final E1000を購入後ずっと使っていたのですが、音場の狭さが気になり久しぶりにE3000を使ってみました。


 
2018/12/06

final+E3000+%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%AB%E5%9E%8B%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%83%B3+FI-E3DSS

先日発売されたエントリーモデルの「E1000」をイヤピースをSednaEarfitとacoustic effectの2つを変えながら聞いていました。
付属しているfinal Eタイプは耳に合わないので除外しています。


 
2018/12/04

final E1000

11月30日に発売されたfinalのイヤホン「E1000」を購入しました。
今まではE2000、E3000がエントリーモデルでしたが、今回E1000が発売され、さらに買いやすくなりました。


 
2018/10/29

final E1000

final、約2,480円の本格イヤフォン「E1000」。エントリー新提案 - AV Watch:

S’NEXTは、finalブランドのダイナミック型イヤフォンEシリーズの新製品「E1000」を、11月30日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2,480円前後。本体カラーはBLUE、RED、BLACKの3色。10月27日~28日に東京・中野サンプラザで開催されている「秋のヘッドフォン祭 2018」で発表された。

(Via AV Watch)


finalからE2000、E3000よりもエントリーモデルであるE1000が発表されました。
finalというだけでもおすすめなところEシリーズですから期待大です。


 
2018/07/03

E4000/E5000

“真っ当な音づくり” を極めたら、凄いイヤホンができた。final「E5000/E4000」レビュー (1/4) - PHILE WEB:


E3000/E2000の大ヒットは、5,000円前後というエントリークラスにおける圧倒的なコストパフォーマンスもあってのことだった。その価格帯を超える品質を見せつけられたことで、イヤホンファンから湧き上がったのが「このコンセプトでハイエンドモデルも作ったらすごいことになるのでは…」という思いであった。

今回紹介する「E5000」「E4000」はその期待に応えて登場したハイエンドモデルだ。それぞれ実売30,000円前後、16,000円前後。発売前から話題を集め、「VGP2018 SUMMER」においても、それぞれの価格帯で金賞や受賞を獲得した。

(Via www.phileweb.com)


final E4000とE5000のレビューが出ています。
本当良いイヤホンなので、E2000、E3000が好きな人のステップアップ・・・というかこれだけでも十分な感じです。


 
1 / 2 / 3 / 4 /

Copyright © Rocomotion