finalから一気に4種類の新イヤホンが登場!どれも良さそう・・・で困る・・・A3000とA4000を聴いてみたいぞ!


final 新製品

完全新設計ドライバー「f-Core DU」搭載!A3000/A4000/VR3000販売開始


finalのフラッグシップイヤホンA8000のAシリーズより新製品「A3000/A4000」の発売が決定いたしました! また、3Dオーディオ専用のイヤホンとして人気の「E500」を起点とした新シリーズVRシリーズより「VR3000 for Gaming/VR1000」をそれぞれ発売いたします。
(Via:final)

finalから一気に4種類のイヤホンが登場です。


登場するのは・・・

  • A3000
  • A4000
  • VR1000
  • VR3000 for Gaming


A3000/A4000


finalは、3000、4000が好きですね。
Eシリーズの次はAシリーズでも3000、4000の番号体系です。


まずはA3000とA4000です。


Aシリーズということで、フラッグシップモデルの「A8000」の流れを汲むイヤホンとなります。

しかしA8000と違うのは、finalとしては珍しく2pinとなります。

音質的には・・・

A3000は、ゆったりとしたサウンドのなかに一音一音が輪郭を持って浮かび上がるように定位する圧倒的にナチュラルなサウンド
A4000は、ボーカルや各楽器のリズムを明瞭に感じることができ、自然とからだが動き出してしまうような、音楽の高揚感を得られるサウンド

このように記載されています。
なんとなくですが、E3000→A3000、E2000→A4000の流れのような感じを受けます。
実際に聴いてみないとわかりませんが、finalですから・・・この価格ではあり得ないという音がするような気がします。


気になる価格は、
A3000が12,800円
A4000が15,800円


発売日は、2020年10月28日(水)
予約は既に開始されています。



VR3000 for Gaming / VR1000


次に「VR3000 for Gaming」と「VR1000」です。
こちらは、VRやASMRに特化してE500の流れを汲むイヤホンです。


VR1000に関しては、基本的にはE500です。
Oculus Questに対応したE500をVR1000という名前で販売するようです。


VR3000 for Gamingは・・・

ゲーム等のコンテンツに集中し、没入するためには、私たちは音源に込められた制作者の意図や狙いを正確に再現することが重要だと考えています。VR3000 for Gamingはこうした考え方に基づいて開発されたイヤホンです。


制作者の意図や狙いに正確に・・・ということですので、ゲームではいろんな方向から音が飛び込んできそうです。
ASMRでは、もちろん声や音のする方から、生々しい音が聞こえてきそうです。
このイヤホンでホラーなゲームやFPSなどは凄そうです。
映画でも活躍しそうなイヤホンのような気がします。


E500やVRシリーズは価格がとても良心的なので・・・映像コンテンツを楽しむことがある方は持っていて損は無いと思います。


気になる価格は・・・
VR3000 for Gamingが7,980円
VR1000が3,980円


発売日は・・・
VR3000 for Gamingが2020年11月下旬27日
VR1000が2020年10月28日(水)
予約は既に開始されています。


予約は、final直営店で扱っています。
その他・・・楽天ビックではVR1000以外は予約開始されていました。


追記
VR3000は11月27日に発売が決定しました。