Realforce for Macが届いたのでファーストインプレッションです!キーの触り心地が素晴らしい・・・


キーボード
 

ここ2ヶ月ほどHHKBを使ってきました。
しかし、以下の2点からこのままHHKBを使い続けるか悩み出しました。


  • 小指が痛くなる
  • ノートPCでDeleteキーを打ち間違える

そこで、ずっと悩んでいた「Realforce for Mac」を導入してみることにしました。


HHKBを購入する時にも、Realforceとどちらにしようか迷いました。
RealforceはWindowsを使っていた時に愛用していたので、どのような感じなのかは分かっていました。
HHKBを使ってみたいという気持ちもあったので、HHKBを選びました。


いざ使ってみると、レビューだけでは分からない部分が出てくるものです。
他の人には合っても自分には合わない。逆も然りです。


外観


大きいです。
HHKBを使っていたから感じることですが大きいです。
しかしその分、余裕が感じられます。
打っていても窮屈さがありません。

打鍵感


キーに指が吸い付くような肌ざわりです。
とてもしっとりしています。
今回購入したのは30gですので、軽い打ち心地で最高です。
45gが重く感じていましたので、とても快適に打つことができます。
少し触ればキー入が力されるのは、私の好みです。
小指も痛くありません。
APCも一番浅いものを使っていますが、何の問題もありません。
この肌ざわりとゆったりとしたキーピッチがとても良いです。


これがフェザータッチと言われるのがよく分かります。
とても触り心地、打ち心地ともに最高です。
ベッドでいえば、ウェスティンホテルのヘブンリーベッドのようなしっとり、ふわふわ感です。


気になるところ


  • LEDが見えにくいが、見ると眩しい
  • homeとendのキーが、それぞれ行頭、行末に移動して欲しい

今のところは、このくらいです。
LEDの明るさは最小限にしていますがそれでも少し眩しいかな。
キーのhomeとendですが、個人的には行頭、行末に動いて欲しいので、「Better Touch Tool」にてキーバインドを変更しました。
これでかなり快適になりました。
そして、何気にdeleteキーもあるのがとても使い勝手が良いです。
Macの標準キーボードにもHHKBにも無かったキーなのに、そこにキーがあると、なぜか指が勝手にそのキー使うのは何ででしょう。
不思議です。


HHKBとの比較



HHKBのメリット


  • コンパクトで場所を取らない
  • 手の動きを最小限にして、どのキーにもアクセスできる
  • ワイヤレス

HHKBのデメリット


  • キーピッチが少し窮屈
  • 他のキーボードが使えなくなる
  • 同時押しのキーが増えるのでこんがらがる

このメリットとデメリットをどのように考えるかだと思います。
Realforce for MACを使うと、deleteキーが遠いと感じます。
また隣に置いているトラックボールも遠いと感じます。
それでもキーボーとはゆったりしていますし、軽いタッチで入力できます。
また私の場合はノートPCも使っているので、キー配列が異なるのがやはり気になりました。
不思議とJIS配列のWindowsで気にならないのは、JISの場合はEnterの上がBackSapaceだからなのでしょう。
US配列だと、この1段違うところがミスタッチを引き起こします。


まとめ


個人的にはUSキーボードを使っている方は、Realforce for MACの方が良いと思います。
そしてJISキーボードを使っている方は、HHKBでも良いと思います。
HHKBのJISキーボードには矢印キーも付いていますので、そこまでこんがらがらないと思います。


矢印キーは独立していた方がやっぱり便利です。
確かに慣れではありますが、独立している方が便利なことに間違いはありません。


私にはRealforceの方が合っているような気がします。

(指がHHKB配列になっていて打ち間違えます・・・)