とうとうワイヤレス対応となった最高峰キーボード「REALFORCE R3」が登場!


Realroce ワイヤレス化!

ついにBluetooth対応となった「REALFORCE R3」。キーマッピングも自在にカスタム可能に - PC Watch:


東プレ株式会社は、静電容量無接点方式の新型キーボード「REALFORCE R3」を11月1日に発売する。従来と同様の有線専用モデルに加え、シリーズ初となるBluetooth対応モデルを新たに用意。キーマップ入替機能など専用ユーティリティを利用したカスタマイズ機能も拡張している。  まずは日本語配列モデルからの展開となり、価格は2万3,980円~3万4,980円。なお、本製品は同社ECサイトのREALFORCE Store、Amazon.co.jp、楽天市場を通じた直販のみで取り扱う。

(Via PC Watch)


昨日、HHKBの新色が出たかと思ったら、今度はRealforceの新作が登場です。
今回は・・・とうとう・・・ワイヤレス化!!!!


長年待ち焦がれていたワイヤレス化です。
最初はWindowsの日本語版からの発売となるそうです。
価格は、23,980円〜34,980円です。


Bluetooth 5.0で最大4台とのマルチペアリングが可能です。
これに、有線接続を加えた最大5台で使うことができます。
このあたりはHHKBのノウハウが詰め込まれているので問題ないことでしょう。


Realforceはいつも思うのですが、ラインナップが多くて難しい。
今回は・・・
  • 有線モデルとハイブリッドモデルの2つ
  • 有線モデルは、テンキー付きかテンキーレスの2択(45g)
  • ハイブリッドモデルは、静音モデルと通常モデルの2種類
  • ハイブリッドモデルの通常モデルは、テンキー付きかテンキーレスの2択(45g)
  • ハイブリッドモデルの静音モデルは、テンキー付きかテンキーレスの2択で、さらに45g/変荷重/30gの中から選択

HHKBは多少人を選ぶので、Realforceのワイヤレス化で万人向けの最高峰のキーボードとなることでしょう。
キーキャップやパネルデザインキットなど、一般向けの楽しめる要素も盛り込まれているのはとても良いですね。
キーキャップは8色展開ということで、こちらも楽しみです。



こちらの記事を見ると、今回はWindows向けでMac向けでは無さそうですので、ワイヤレス化された「Realforce for Mac」を待ちます。
この待っている間のワクワクが止まらないですね。
1年後くらいには出ていることを楽しみにしています。


HHKBのように、WindowsでもMacでも使えるようになっていれば良いのですが、この辺りは業務用でも使われているので、印字などが違うと違和感を感じる人もいるからでしょうか。
また、30gと45gで悩むときが来ますね。
HHKBの45gはやはり少し重たいので、Realforceは30gなのかなとは思っています。
軽いキータッチで入力されるのは、疲れないのでおすすめです。


--

HHKB Hybrid Type-SとRealforce for Macの両方を使って約1年が経ちます。
両方ともそれぞれ特徴があって(HHKBは多少癖がありますが)良いキーボードですので今後とも使っていきたいと思っています。



HHKBの「雪」も欲しいのですが、こちらは色の違いだけですので見送ることもできます。
しかし、「Realforce for MAC」のワイヤレス版が出た時には・・・確実に購入することでしょう。
有線の方が、繋がらないとか変なトラブルもなく安心なのですが、HHKBのノウハウが詰め込まれているRealforceとなればワイヤレス化しても安心感があります。
ワイヤレスの便利さは・・・HHKBを使っていると本当に感じます。


HHKBのこじんまりとして凝縮された快適性。
Realforceのゆったりとして疲れ知らずの快適性。


どちらも良いので、キー入力を良くする人には両方ともおすすめです。
それでいて、両方ともワイヤレスとなれば・・・より気軽に使いたい方を使うことができるようになりますので、それこそ両方を持っていても良いと思います。
値段は張りますが、両方ともそれに見合う価値があるキーボードだと思っています。


「for Mac」早く出ないかな
色は、今までの「for Mac」のような、シルバーと白の組み合わせでで出して欲しいです。
正直なところ、今回の白は・・・少し安っぽい。
そこはパネルデザインキットなのか・・・な?