Go To Travelキャンペーンを利用して2021年1月31日に宿泊する場合は楽天トラベル「以外」を利用しましょう


新しい旅のエチケット

10月1日から、除外されていた「東京」もGo To Travelキャンペーンで利用することができるようになります。
東京発着の旅行が増加致しますので、必然的に旅行者数も増加となりますので、観光業の方にとっては嬉しいことだと思います。


そんなGo To Travelキャンペーンは、さまざまな旅行代理店で取り扱っています。
Go To Travelキャンペーン以外に、予約するサイトによって独自のクーポンで更なる割り引きを行っていることもあります。
旅行を考えている方は、予約サイトを比較してみましょう。


そして旅行をする場合は「新しい旅のエチケット」を読んでから行きましょう。



ちなみに、今人気の旅行先は・・・


  • 東京都
  • 静岡県
  • 神奈川県
  • 沖縄県
  • 京都府

対象に含まれた「東京」が特に人気だそうです。


今後「Go To Eatキャンペーン」も実施されるでしょうから、東京のホテルは更に人気になるかもしれません。
「Go To Eatキャンペーン」となれば、一休レストランがおすすめです。




さて、私が宿の手配を行う場合には「楽天トラベル」をよく利用しています。
何より安いですし、ポイントも貯まります。
かなりおトクに利用できますので、9割方は楽天トラベルを利用しています。



しかし、このGo To Travelキャンペーンで利用する場合には注意が必要です。



概ね他のサイトは2021年2月1日のチェックアウトまでが対象です。
しかし楽天トラベルだけは、2021年1月31日チェックアウト分までが対象となっています。
よって2021年1月31日に泊まる場合は、楽天トラベルでは対象外となってしまいます。
この日に泊まる方は、楽天トラベル以外を利用しましょう。


楽天トラベルは1月31日チェックアウトまでが対象

2021年2月1日ですと、受験のシーズンでもあります。
受験のために宿泊をされる方もいらっしゃることでしょう。
その場合、楽天トラベルでは対象外となりますのでご注意ください。


今後訂正されるかもしれませんが、現時点で予約する予定のある方は、他のサイトを利用されるのが無難です。



Go To Travelキャンペーンでは35%が還元されますので、金額が高いほど割引額も多くなります。
そうなると、高級旅館・ホテルに泊まるのに絶好のチャンスです。

高級旅館やホテルなら、数多く扱っている一休.comがおすすめです。