GoProの最新モデル「GoPro HERO8 Black」が発売されるぞ!


GoPro HERO8 Black登場!

GoPro、機能強化と軽量化を両立させた新モデル「HERO8 Black」 - PHILE WEB:

GoProは、進化した手ブレ補正機能HyperSmooth 2.0を搭載するなどした新モデル「HERO8 Black」と、デュアルレンズ搭載で360度撮影も可能なカメラ「GoPro MAX」を10月25日より発売する。価格は「HERO8 Black」が55,880円で、「GoPro MAX」が67,100円(いずれも税込)。また、発売や価格は未定だが3種のモジュラーアクセサリーもあわせて発表した。

(Via PHILE WEB)


毎年この時期は「GoPro」のリニューアルですね。
今年も新しくなり「GoPro HERO8 Black」が登場します。


GoPro7から、WhiteやSilverが追加されましたが、GoPro8はBlackとMAXという360度カメラ付きのみ発表されています。
今後、SilverやWhiteの後継機が出てくるのかは分かりません。
個人的には、このままBlackのラインのみがアップデートされそうな気がします。



さて今回アップデートされた内容はと言うと・・・


  • 折りたたみ式マウントフィンガーを搭載
  • HyperSmoothの機能向上
  • TimeWarpの機能向上
  • スーパーフォト機能向上
  • LiveBurst機能追加
  • 3種類のモジュラーアクセサリー追加

あまり大きな変更はありませんが、折りたたみ式マウントフィンガーは良いですね。
今まではケースを付けることで他のオプションを付けられるようになっていました。
さらにそのことで、バッテリーやSDカードへのアクセスがし難く、毎回ケースを外す作業が必要でした。
そのため、SDカードへのアクセスがしやすいケースを選んだりする必要がありました。(それでもバッテリーへのアクセスはケースを外す必要がありました。)
それが今回は、ケース無しでマウントできるようになりバッテリーやSDカードへのアクセスが容易になりました。

これは嬉しいのが反面、マウントフィンガーが壊れたら・・・修理が必要になるので一長一短でもあります。



また、モジュラーアクセサリーとして以下の3つが用意されています。


  • メディアモジュラー(マイク)
  • ディスプレイモジュラー(モニター)
  • ライトモジュラー(照明)

YouTuberの人には嬉しい3つのオプションですね。
GoProにはバッテリーのもちに不安があるので、このオプションを付けてどれだけ保つのかは気になります。

しかしGoProの弱点は暗いところですので、ライトモジュールは良いですね。またディフューザーも付いているので光が強すぎて真っ白になってしまうことも無さそうです。



3つのオプションアクセサリーが不要な方には、大きな変更はないので、GoPro7からの買い換えの魅力は薄いかなと思います。
それであるなら、「GoPro MAX」の方が面白い気はします。
逆に、オプションアクセサリーが必要な方には魅力のあるアップデートです。



最近はフロント・リアカメラの両方で録れるのが人気ですね。






 
 

Newer: OPPOの防水・防塵・FeliCa対応のSIMフリースマホ「Reno A」64GBモデルが一般販売されるぞ!

Older: ソニーと大人気声優ユニット「TrySail」がコラボした完全ワイヤレスイヤホンが受注開始したぞ!

in the カメラ category...

Newer: no data

Older: DJIから最新ジンバル「Osmo Mobile 3」が登場!今回は折りたたみ式で軽量化!大きいスマホでのバランスも良さそう!!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion