GoProなどバッテリーがもたないアクションカメラに最適なバッテリーグリップの話


Ulanzi BG-3、BG-4が便利

GoProやDJI Pocket2などのアクションカメラはとても使い勝手が良いです。
しかし、残念なことにバッテリーの保ちがかなり悪いです。


そのためにバッテリーをたくさん持っている方も多いと思います。
私も3個のバッテリーを持ち歩いて使っていました。
バッテリーがへたっているのもありますが、1個のバッテリーが1時間程度で切れてしまいます。



そんな時・・・救世主を見つけました。



最近人気のUlanziというメーカーのバッテリーグリップです。




Ulanziのバッテリーグリップには何種類か出ていますが、BG-3が「10,000mAh」、BG-4が「5,000mAh」です。
GoProのバッテリーは、モデルに依りますが1,220〜1,720mAhくらいですので、かなりの大容量です。
10,000mAhのBG-1なら、6〜8倍くらいの容量があります。


自撮り棒として

GoProを使っている方は、3Way-GripやShortyを使っている方も多いと思います。
3Wayほどの距離は稼げませんが、Ulanziのバッテリーグリップはとても持ちやすい形状です。
GoProは画角が広めですので、自撮り棒の代わりとしても十分です。


バッテリー

今回使ったのは、GoPro Hero7です。


安心のため、より大きい容量の「BG-3」を購入してみました。
最初バッテリーのみで使っていましたが、1時間程度で切れました。
それから「BG-4」を繋ぎっぱなしで使いました。
7時間程度使いましたが、充電状態を示す4つメモリのうち1つだけ消えていて3つ残っていました。
7時間連続で撮っていたわけでは無いのですが、合計で3-4時間程度は撮影していたと思います。

1日の撮影であれば、十分間に合うと思います。
BG-4でも大丈夫かもしれません。


使い勝手

付属のUSBケーブルをバッテリーグリップに巻き付ければ邪魔にもなりません。
グリップも握りやすい太さです。
使い勝手がかなり良く、何よりもバッテリーを気にせずに使うことができるということが最高でした。


重さ

BG-3とBG-4で容量は違うのですが、実際の大きさはほとんど変わりません。
というのも、BG-3はミニ三脚が外付け、BG-4はミニ三脚が内蔵のため長さはほとんど変わりません。
重さは、BG-3の方が275g、BG-4が152gです。
BG-4の5,000mAhで足りるなら軽い方が良いと思いますが、バッテリーを気にしたくない方はBG-4の方が良いと思います。

まとめ

手持ちで使う方には最適なバッテリーグリップだと思います。
バイクや体に付けて撮る場合にはバッテリーを使うことになりますが、撮影していないときにモバイルバッテリーとして充電はできます。
私は3Wayを使っていたのですが、このバッテリーグリップで概ね代用できますし、バッテリーの心配がなくなったので、Ulanziのバッテリーグリップを使っていこうと思います。
バッテリーが保たないので、GoProはあまり使ってこなかったのですが、これで安心して使うことができるようになりました。


GoProは最新機種の「10」になってもバッテリーが保たないのは変わらないので、このバッテリーグリップを持っておくと安心です。
スマホの充電にも使えるのでひとつ持っていると重宝すると思います。


おすすめです。