2019/12/23

NUARL+N6+Pro+TWS+%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%83%B3+%E9%80%A3%E7%B6%9A11%E6%99%82%E9%96%93%E5%86%8D%E7%94%9F%28%E6%9C%80%E5%A4%A755%E6%99%82%E9%96%93%E5%86%8D%E7%94%9F%29+aptX%E5%AF%BE%E5%BF%9C+%E9%AB%98%E9%9F%B3%E8%B3%AAHDSS%E6%8E%A1%E7%94%A8+Bluetooth5.0+IPX4%E8%80%90%E6%B0%B4+N6PRO-MB%28%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%29

すべては音質のために。NUARL完全ワイヤレス「N6」「N6 Pro」が実現した “完全自社開発でしかできない音” (2/2) - PHILE WEB:


N6とN6 Proの主な違いは、振動板だ。N6 Proでは単層カーボンナノチューブとPEEKという2枚の振動膜を真空蒸着して貼り合わせた「SWCNT複合振動板」を使う「NUARL DRIVER [N6] v5」を、N6ではPTT(PEEK+TPE+Titaniumの造語)多層皮膜振動板を採用した「NUARL DRIVER [N6] v3」を採用している。前者のv5は、テスト開発した5種類の振動膜のうち5番目という意味で、納得いく振動板に辿り着くまでの労苦がうかがえる。

(Via Phile-web)


NUARLの新作完全ワイヤレスイヤホンである「N6」「N6 Pro」の紹介と軽いレビューが出ています。


 

Copyright © Rocomotion