楽天モバイルの1年無料期間が終わるので回線契約を見直した話


楽天モバイルからahamoへのMNP

楽天モバイルの1年間無料キャンペーンを使っていました。
その無料期間も10月末まででしたので、継続するかMNPするか考えた結果・・・
他社へ乗り換えることにしました。


理由はいくつかありますが主なところは以下の通りです。


  • 生活圏で圏外となるところがある
  • 圏外でないのに繋がらない場合もある(パケ詰まり?)
  • パートナーエリアで20GBを越える
  • 通話は滅多に使わない

一番の理由は、au回線の借り入れを止めた時から大事なところで使えないことが多くなったこと。
これに尽きます。
auの回線を借りていたときには快適でしたので、その差に唖然としました。


生活圏の重要な部分で使えないとなると、メインとして使うには厳しいです。
それでも安ければ・・・とも思うのですが、パートナーエリアで20GBを越えることもある回線なので、金額的なメリットもありません。


このような理由から、安定しているahamoへ乗り換えることにしました。
通話も5分以内なら無料です。
Rakuten linkのようなアプリを使わなくても良いのもうれしいです。
そして20GBを越えた場合はahamoの方が安くなりますし、繋がらないストレスもほぼ無いのでahamoに決めました。



とはいえ、楽天モバイルを完全に止めるのかというとそうではありません。
別回線のサブ回線として使う分には使い勝手がとても良いです。
1回線目なら1GB未満は無料で使えますし、いざとなれば20GBまでなら1980円で使うこともできます。
Rakuten Linkアプリを使えば通話も無料となります。
このようなメリットを活かさないのはもったいないです。
そこでOCNモバイルONEの回線を使っているiPhoneのサブ回線として利用します。
普段はそんなに通信を使わないけど越えると回線が128kbpsなど遅い、かつ通話無料ではないプランの場合には楽天モバイルをサブ回線として使うメリットはかなり大きいと思います。


そして、私の場合は楽天経済圏で生活しているので、楽天モバイル契約での+1%還元は結構大きいです。
そのため、これを機にサブ回線として契約し直す予定です。
解約月に再契約すると980円を取られてしまうようなので、来月早々に契約する予定です。



もう少し経って楽天モバイルの品質が良くなれば、メインへの復帰もあるとは思いますので今後に期待です。
それまでは安定のahamoでの運用です。
たまにでも20GBを越えるような回線の場合にはahamoは良いと思います。
20GBを越えても1Mbpsで通信できれば、ほぼ困ることはないので、その点も良いです。
楽天モバイルもパートナーエリア5GB超過後は1Mbpsなのですが、エリアによってはすぐに越えてしまうので、それが20GBなら継続も考えたのですが・・・


迷いに迷いましたが、楽天モバイルの回線はahamoに乗り換えました。
今後楽天モバイルはサブ回線として利用することにしました。