「Foma」からの乗換先(家族全員分)を真剣に考える。IIJMio、OCNモバイルONE、LinksMate・・・イオンモバイルも


Fomaの乗換先を考える

5Gの端末が出始めました。
デュアルSIMであっても「5Gと4G」のデュアルであり、3Gには未対応と書かれていることが多くなってきました。
実際に3Gが未対応なのかはわかりませんが、そろそろ「3G」からの卒業をした方が良いかと考え始めました。


「3G Foma」にこだわり続けたのも、980円の費用に対し980円分の通話無料が付いているプランだったので、手放すことに躊躇していました。
しかし通話に関しては、ほぼ使わないのが実態ですので、そろそろ切り替えても良いのかなと思い始めました。
またちょうどドコモの1年契約が9月で切れるので真剣に乗換先を考えてみました。



要件は以下のような感じです。

  • 家族3人分の移行(MNP2人分)
  • シェアプランが付いていること
  • 3人分で5GB+テザリング5GB程度
  • 20GBは想定に入れておく

現状


  • ドコモのタイプSS バリュー(980円)
  • ドコモのタイプSS バリュー(980円)
  • LINEモバイル LINEフリープラン 1GB(500円)
  • IIJMioファミリーシェアプラン(データのみ)(2,560円)
  • IIJMio 追加SIM(400円)

金額は5,420円、データ容量は13GB


これの乗換先を考えます。


IIJMio


現状も使っているので、真っ先に思いつくのはIIJMioです。


  • IIJMioファミリーシェアプラン(音声込み)(3,260円)
  • 音声SIM(700円)
  • 音声SIM(700円)

金額は4,660円、容量は12GBです。


20GBを想定する場合は、大容量プラン(20GB:3100円)をセットします。
そうなると・・・


金額は7,760円、容量は32GBです。


将来を考えると、少し容量過多になってしまいます。




OCNモバイルONE


最近新プランを出しました。
通信速度も速く、コストパフォーマンスも良くなったと評判が良いです。


  • 10GB/月コース(2,880円)
  • シェアSIM(1,000円)
  • シェアSIM(1,000円)

金額は4,880円、容量は10GBです。


20GBを想定する場合は20GBプランが用意されています。


  • 20GB/月コース(4,400円)
  • シェアSIM(1,000円)
  • シェアSIM(1,000円)

金額は6,400円、容量は20GBです。


OCNは6GBプランもあります。
在宅勤務が多く、あまり使わない時は6GBプランにすることもできます。


  • 6GB/月コース(1,980円)
  • シェアSIM(1,000円)
  • シェアSIM(1,000円)

金額は3,980円、容量は6GBです。


端末も安く購入できるところも魅力があります。
Musicカウントフリーが無料です。
(Apple Musicは対象外ですが、SpotifyやAmazonは対象です。)




LinksMate


Twitterでおすすめと聞きました。
カウントフリーやゲームに強い会社です。


  • 10GB/月コース(3,100円)
  • 追加SIM(900円)
  • 追加SIM(900円)

金額は4,900円、容量は10GBです。


20GBを想定する場合は20GBプランが用意されています。


  • 20GB/月コース(4,800円)
  • 追加SIM(900円)
  • 追加SIM(900円)

金額は6,600円、容量は20GBです。


こちらは容量プランを1GB刻みで選べます。
例えば6GBプランなら以下のようになります。


  • 6GB/月コース(2,300円)
  • 追加SIM(900円)
  • 追加SIM(900円)

金額は4,100円、容量は6GBです。


TwitterやInstagramのSNS、Abemaなど動画サイトがカウントフリーとなるオプションがあります。
SIMの枚数に限らず500円を払うと利用が可能です。
SNSを多く使う方には最適です。


ただし注意点があります。
最初のSIM発行の際に1枚に対して3,000円が必要です。(3枚なら9,000円)
エントリーパッケージを用いても、2枚分の6,000円は必要です。
また、解約をする時にもSIM1枚に対して3,000円が必要です。(3枚なら9,000円)
初期ならびに解約時には、他と比べてお金がかかります。
家族分と考えると初期費用が嵩むのはマイナスポイントです。




イオンモバイル


2020年9月から値下げの情報が入ってきました。
9月以降ならかなりおトクになります。

  • シェア音声12GBプラン(3,280円)
  • 追加SIM(700円)
  • 追加SIM(700円)

金額は4,680円、容量は12GBです。


20GBを想定する場合は20GBプランが用意されています。


  • シェア音声20GBプラン(4,280円)
  • 追加SIM(700円)
  • 追加SIM(700円)

金額は5,680円、容量は20GBです。


値下げ後は一番安くなります。
特に20GBプランはかなり安いです。

注意点としては、SIM1枚につき発行料が3,000円かかります。
3枚の場合は9,000円かかります。




雑感


シェアプランが組めるところとなると限られてしまいます。
他にもありますが、概ねこの4つくらいが比較対象となるかと思います。
現状の価格だけを見ると、IIJMioとなるのですが、容量が固定されてしまいます。
融通がとても利くのはLinksMateです。

ある程度の融通が利いて、初期費用とを含めてバランスが良いのは、OCNモバイルONEです。


テザリング分はFUJI Wifi(【FUJI SIM】 )を使うのも良さそうです。
OCNモバイルONEの10GBコースで足りなくなったら、OCNモバイルONEのコースを6GBにして、FUJI Wifiの10GBコースをつけて16GBという使い方も良いと思います。


今のところは・・・OCNモバイルONEかなと思っています。
今までMVNOは、IIJMio→OCNモバイルONE→IIJMioと渡り歩いてきました。
まだ決めきれてはいませんが、戻る感じかな・・・

追記
イオンモバイルの値下げが行われます。
20GBプランがかなりおトクですので、他社が追随するか楽しみになってきました。



どこにするにせよ、エントリーパッケージを使うと初期費用が安くなりますのでおすすめです。