ソニーが新しいコンセプトのミラーレス「α7C」を発表!このコンパクトなサイズ感は最強のフルサイズミラーレスの予感!


コンパクトなフルサイズミラーレスα7C誕生

ソニー、新コンセプトミラーレス「α7C」を正式発表 - デジカメ Watch:


ソニーは9月15日、ミラーレスカメラ「α7C」(ILCE-7C)を発表した。ボディ単体とレンズキットをラインアップしており、カラーはシルバーとブラックの2色で展開する。発売日は10月23日。価格はオープン。店頭予想価格はボディ単体が税別21万円前後、レンズキットは税別24万円前後。

(Via デジカメ Watch)


これは凄いという他無いような・・・
流石ソニーだと言える一品。


ソニーのα7シリーズのフルサイズなのにも関わらずかなりのコンパクト。
何年も待ち望んでいた方もいらっしゃることでしょう。



小型化しても、性能はα7 III同等(一部は向上)されています。
小型化すると諦めざるを得なかった部分が出てしまうこともあるのですが、それが無いのがソニーらしい。



VLogにも対応

流行りのVlog撮影用用途のシステムを組むことも可能となっています。



寸法は124×71.1×59.7で、約509g(バッテリー・記録メディア含)となっています。
持ち運ぶのも手軽なこの1台を持っていれば、静止画でも動画えも困ることは無いですね。

ライトな使い方をする方にとって何よりも重要な点は、「手軽さ」だと思っていますので、この大きさ、軽さはありがたいです。
カメラは持ち運んでこそです。
いくら綺麗に撮れても・・・持ち運ぶのが辛いと、すぐに持ち運ばなくなってしまいますので、このコンパクトさはとても良いと思います。



気になる価格は・・・単体で21万円、レンズキットが24万円前後
悩む金額ですね。



この1台で何でもできると思えば安いのかもしれません。



発売日は、2020年10月23日(金)です。
予約開始日は、2020年9月18日(金)10:00からです。



この価格でも、このサイズを待ち望んでいた方は多いでしょうから、人気が出ることでしょう。