ソニーの高級コンデジRX100シリーズ最新作「RX100 VII」が登場!


%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%BC+SONY+%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9+Cyber-shot+DSC-RX100M7

ソニー、新高級コンデジ「RX100 VII」。“α9”の超速AF/連射を小型ボディで実現、動画も強化 - PHILE WEB:

ソニーは、高級コンパクトデジタルカメラ“RX100 VII”「DSC-RX100M7」を8月30日から発売する。価格はオープンだが、145,000円前後での実売が想定される。
RX100 VIIは、同社が発売するミラーレス一眼カメラ「α9」のスピード性能を小型な本体で実現したとする新モデル。RXシリーズの特徴である1インチセンサーや従来どおりの本体サイズを継承しながらも、演算処理や連射、動画などの性能を従来モデル「RX100 VI」から向上させたとしている。

(Via PHILE WEB)


RX100シリーズの最新版、RX100M7が8月30日に発売されるそうです。
RX100M6から望遠を強化しましたが、今回のRX100M7もM6同様の仕様のようです。


RX100シリーズは、基本的にはミラーレスのαシリーズの機能をコンデジに持ってきている感じです。
今回の強化ポイントは、AF性能の向上、動画機能の向上などがあげられますが、既に成熟の域に達しているので、目新しいものは無いように思います。
動画や動物を撮る方にはRX100M7が良いと思いますが、スナップであれば、手頃になってきたRX100M6を選択しても良いような気はします。



M6が成功だったから、RX100R6の路線でRX100M7となっておりますが、RX100M5Aまでの明るいレンズを搭載する傾向は終了なのでしょうか。
RX100M6を使っていると、やはり暗い感じを受けるので、RX100M5Aの後継機種を望んでいる方もいるように感じます。
そういう人は、「α6400」などのミラーレスを使う想定なのでしょうか。



このRX100シリーズのサイズは本当に手軽で、AFも早く連写で取り損ねることもないのでかなり重宝しています。
200mmまでのズームもあるので、大抵のことには困りません。
風景を撮る分には良いのですが、人物だとレンズの暗さは気になります。


いつか、F1.8始まりの200mmまでの望遠がついた機種が出ることを楽しみにしています。



RX100M6にもソフトウェアアップデートで対応できるところは対応して欲しいですが、ソニーだもんな・・・


--
重たいので、手持ちの一眼レフを売り払って、ミラーレスにしたい気持ちもあるのですが、ミラーレスに良い思い出がないのでなかなか踏ん切りは付かないですね。


それにしても、ソニーのカメラは種類が多すぎて分からん・・・






 
 

Newer: DJIから最新ジンバル「Osmo Mobile 3」が登場!今回は折りたたみ式で軽量化!大きいスマホでのバランスも良さそう!!

Older: おざぴゅあの1stアルバム「MIXED」が発売されました!ハイレゾも!

in the カメラ category...

Newer: DJIから最新ジンバル「Osmo Mobile 3」が登場!今回は折りたたみ式で軽量化!大きいスマホでのバランスも良さそう!!

Older: 「GoPro HERO7 Black」の最近の使い方。Quikがとても有能!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion