タッチしなくてもドアノブやエレベーターの操作ができる「非接触グッズ」が爆発的人気だそうです!感染予防に一つ持っていると良さそう!


純銅削り出しアシストフック

タッチしなくてもスマホやATMが操作できる感染防止“非接触グッズ”が爆発的人気(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース:


新型コロナウイルスの感染を防ぐため、タッチしなくてもスマホやATMが操作できる“非接触グッズ”が爆発的人気になっていることが9日、分かった。
 スマホケースなどを製造する「ギルドデザイン」(三重・亀山市)が4月14日から販売した「純銅削り出しアシストフック」(税抜き1680円)で、直接触らなくても電車のつり革や網棚、手すりを“持つ”ことや、ドアノブの操作をすることもできる。当初は年間1万個の販売を想定していたところ、2日で2万5000個の注文があり、予約を一度停止。単純計算で約456倍の注文に担当者も「びっくりしました」とうれしい悲鳴を上げ、受注再開は5月末の予定だ。

(Via Yahoo!ニュース)


不特定多数の人が触る場所は、気になる方も多いことでしょう。
触らずに済むのならそれが一番ですね。


このような「非接触グッズ」が人気のようです。
通勤時のつり革とかは難しいような気もしますが、ドアやエレベーターのボタンなどにはこのようなグッズで開ける方が感染防止になるのは確実です。



インフルエンザにかからなかった児童がしていたこととして、足で扉を開けていたというのがニュースになっていました。
お行儀は悪いですが、感染予防の観点からは重要なことですね。



それと同じように触らないことが大切ですので、こういったグッズが人気となるのでしょう。
ただ気になる点としては、ドアノブからこのグッズに付いてしまうことは無いのでしょうか。
恐らくこのグッズはポケットに忍ばせておくと思いますので、「ドアノブ→グッズ→手」という流れにならないのかは心配です。

と思ったら、銅の上で菌が生存する時間はかなり短いようです。


日本製の純銅(純度99・9%)で作られており、銅は伝導性が高いため、機械にも対応することができる。さらに、米疾病対策センター(CDC)やカリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)などの研究によると、新型コロナウイルスはプラスチックやステンレスの表面上では2~3日生存する一方で、銅では4時間ほどで死滅するとされている。

直に触るよりかは良いですし、菌に限らず直接触りたくない場合にも役に立ちますので、このようなグッズを持っていることは良いですね。



ただし・・・残念ながら在庫は無いようです。
今注文すると6月末のようですが、注文することはできますので、いまのうちに注文しておいても良いと思います。




とりあえず在庫が無いので、ギルドデザインのこの商品を注文しつつ、在庫のある他の商品を使っていても良いのではないでしょうか。