ドアレバーが重くなりガタつくので分解したら「錠」が壊れていた・・・交換した!


ドアレバーの修理

最近ドアレバーが重くなって、開きにくくなりました。
ネット上ではドアノブが壊れて出られなくなるニュースがありましたので、そうなる前に原因を探ることにしました。


ドアレバーの外し方については、ドアのラッチ近くにメーカー名が書いてあるので、そのメーカーのWebサイトに行ったりYouTubeを探すとすぐに見つかると思います。
我が家のドアレバーのラッチの上には「MURAKOSH」と書いてありましたので、Googleで調べて見たらムラコシ精工のことだと分かりました。
そこで早速ムラコシ精工のWebサイトに行ってみました。



メンテナンス方法がPDFで記載されていました。
また、YouTubeでも外し方が掲載されていました。



この通りに行えば外すことは容易ですが簡単な手順は以下の通りです。


  • マイナスドライバーを下側の溝に入れ、ドアレバーを引っ張りながらこじる感じで動かす
  • プラスドライバーで座を外す(種類によってはマイナスドライバーを溝に入れて外す)
  • プラスドライバーで錠を外す

外してみたところ、錠の部分にあるドアレバーを支える部分?が割れていました。


錠部分が壊れていた!

この様な状態であったために、うまくドアレバーが動かずにガタついていたんですね。


原因がわかり、交換しないと直らないであろうことも分かったので、早速部品を探してみました。
ムラコシの錠自体には型番のようなものは書いてなかったのですが、メーカーページでは合いそうな形の錠は一種類しかなかったこと、そして寸法から大丈夫そうなことを確認して購入しました。
不安な場合や複数ある場合は、メーカーへ問いあわせた方が無難だと思います。

交換部品の購入はメーカー(今回はムラコシ精工)のページからも購入可能でしたし、楽天やYahoo!ショッピングにもありました。

値段もメーカーの公式ショッピングサイトからでも、Amazon楽天Yahoo!からでも値段に差はありませんでした。
今回はポイントがあったので楽天の「DIYパートナー」さんから購入しました。
朝に注文したら、次の日には届きましたし、梱包もとても丁寧でした。
ありがとうございました。



早速、錠を交換したら元通りになりました。



ドアレバーは壊れるとやっかいです。
錠を外すことさえできれば交換は問題無いと思いますので、違和感を感じたら早めに対処した方が良いです。





 
 

Newer: HueブリッジからEcho Plusへハブを変更しました!

Older: AmazonのタイムセールでEcho Plusが安い!

in the ひとりごと category...

Newer: HueブリッジからEcho Plusへハブを変更しました!

Older: AmazonのタイムセールでEcho Plusが安い!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion