5000円ちょっとで買えるfinalのE3000を買ってみました!これは・・・凄いおすすめ!


Final エントリーモデルE2000,E3000登場

finalのかなり評判の良い低価格なイヤホンが先日発売になりました。
「E2000」と「E3000」です。
価格としては、E2000が4000円くらいで、E3000は5000円くらいの比較的買いやすい価格帯のイヤホンです。

そのためか、いろいろなところで売り切れとなっております。


買う予定は無かったのです。
しかし、今週はいろいろとあって疲れてしまったのです。
あっさり、すっきりした音で癒やされようと思ったのですが、今日持ってきているイヤホンは・・・「Mentor V2」。


濃いよ・・・暑苦しいよ・・・。


というのは半分言い訳ですが、finalの透き通る音はとても綺麗で、いつか買いたいと思っていました。
気に入るfinalのイヤホンは、なかなか高価なのとリスニング傾向の音が基本的には好きなので、毎日使うことは無いと思っているのでなかなか踏ん切れませんでした。
しかし、ここに来てこの価格帯、そしてこのリスニングとモニターのちょうど間となる心地良い音を聴いたら・・・レジに持っていってました。
ポイントがあったので、実質3000円くらいだったのも大きいです。
また、断線したUE600の代わりの寝ホンとしても使えますし、本体も軽いので気軽に持ち出せるのも良いです。


さて、早速聴いてみました。
箱出しの音ですが、既にかなり良いです。
傾向としては、従来のfinalな感じで、中高音域がとても綺麗です。
しかし、このE3000が今までのfinalと違うかなと思うのが、低音域もしっかりと出ているように感じます。
final heavenシリーズは、低音域があまり無いのが多少不満だったのですが、このE3000は比較的多めの低音域が出ていますので、リスニング傾向のイヤホンが好きな方も気に入る方が多いのでは無いでしょうか。


多少ボーカルは遠い曲もありますが、その分音の広がりがあり心地良いです。
これで遠いと感じるならE2000の方が良いと思います。
声が細い方だと遠く感じるかもしれません。


個人的にはボーカル重視のイヤホンは持っているので、空間が広くゆったりと聴くことのできるイヤホンが良かったので、このE3000はうまくはまった感じです。


アンバランスでも音の分離も良く、ごちゃごちゃせず、楽器の音もボーカルも綺麗に聞こえます。
高域の音を出す楽器は本当聴いていてキラキラ輝いていて気持ち良いです。
そしてなにより、包み込まれる感がとても良いです。


リスニング傾向のイヤホンが好きな方で、疲れている時にこのイヤホンはとてもおすすめできます。(もちろん疲れていない時でも。)
聴く曲にも依ると思いますし、好みもありますが、この音が好きでは無いという方は少ないと思います。


一点気になることは、遮音性は高く無いです。
外の音が比較的聞こえます。
final Eタイプのイヤーピースは遮音性が悪いとは思いませんでしたので、イヤホン自体の形かもしれません。
また、音漏れしそうなデザインにはなっておりますが、後ろからは漏れないとメーカーの方も言っていますので、よほど大きな音で無ければ問題ないと思います。


追記:

家の中で試して観たら、隣に座ると漏れているのが多少わかるので、外なら問題ないと思いますが、あまり音量は上げない方が良いかもしれません。


そして、付属品も豪華で、final タイプEのイヤピースがSS〜Lまで一通り付属しております。
私は、SSを付けてみたら良い感じでフィットしましたので、SSサイズが付属しているのはとてもありがたいです。
そして使いやすいイヤーフックも付属しております。
finalのイヤホンは普通にも付けられますが、耳掛けで付けた方が安定すると思いますので、イヤーフックをつけて耳掛けされた方が良いと思います。
(イヤーフックを付けないでも耳掛け安定します。)


E2000、E3000傾向が違いますので、試聴された方が良いと思いますが、個人的にはE3000をおすすめします。


E☆イヤホンでは、E3000が5000円を切っていましたので、5,000円以下のイヤホンに加えるなら、SORAを抑えて私はこのE3000をおすすめします。
碧(SORA)には少しざらつきがあるように感じましたので、E3000はとてもクリアな音で見通しが良くなっているように感じます。


碧(SORA)の少しノスタルジックなざらつきが好きな方もいると思いますので、E3000、E2000、碧(SORA)の中で気に入ったのを選べば良いと思います。
どのイヤホンも5000円以下とは思えない音です。


最近の5000円以下のイヤホンの良さは異常・・・と思いましたが、高価格帯のイヤホンの値付けがおかしいのかもしれないですね。
高価格帯のイヤホンを買うなら、所有満足感を除き、リケーブルでの音の楽しみは無くなりますが、5,000円以下のイヤホンの方が面白いかもしれません。

スマホ標準のイヤホンからのステップアップに、E3000は持ってこいだと思いました・・・が、
大事なことを忘れてました。
Pinnacle P1同様で駆動力が必要ですので、スマホだと鳴らしづらい(音が小さい)かもしれません。
スマホメインならボリュームを上げて、好きな音が出るか試聴してからの方が良いと思います。


まだ、箱だし直後ですので、もう少し聴いたらまた感想を書いてみたいと思います。






 
 

Newer: A&ultima SP1000とAK380を聴き比べしたレビューが出ているぞ!今回のハイエンドはリスニング寄り?

Older: Astell&Kern「A&ultima SP1000」の実機レビューが出ています!美しい!

in the Music category...

Newer: AKGから初のノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン「N60NC WIRELESS」が発売されるぞ!

Older: Just earの音質調整モデル「XJE-MH1」を注文していました!【音質調整編】

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion