ダイナミックとセラミックのハイブリッドイヤホン「碧(SORA)」が4,830円で大晦日に発売決定!



intime、セラミックツイータを採用した4,830円のハイレゾイヤフォン「碧」。e☆イヤホン独占販売 - AV Watch:

 

e☆イヤホンは、intime(アンティーム)ブランドのハイレゾ対応イヤフォン「碧(SORA)」の国内独占販売を2017年1月上旬より開始する。店頭・Webでの価格は4,830円(税込)。12月27日より全店で予約受付を開始し、試聴も可能になる。

(Via av.watch.impress.co.jp/)

 

今年最後に面白そうな製品が出てきました。
5000円以下の製品での刺客となりそうです。


最大の特徴は、セラミックの円形振動板をツイータとして搭載している事。これに、10mm径のダイナミック型ユニットのウーファと組み合わせたハイブリッド構成になっている。

 

セラミックとダイナミックのハイブリッドとのことです。
ダイナミックとバランスドアーマチュアのハイブリッドは良くありますが、セラミックとのハイブリッドは珍しいのではないでしょうか。
セラミックだとどのような音になるのでしょう。
今まで、セラミックの音を聴いたことが無いので、ぜひ聴いてみたいですね。

 

セラミックの振動板をツイータとして採用しているのが特徴だが、サウンドもその特徴を活かしたもので、中高域の高解像度な描写が持ち味だ。バランスド・アーマチュアのイヤフォンも高解像度が特徴だが、セラミックツイータは音が細かいだけでなく、音圧の豊かさやレンジの広さもある程度感じさせ、ダイナミック型ウーファとの音の繋がりも自然だ。

 

説明を読むと、セラミックになると音圧の豊かさ、音の広さ、細やかさが出るようです。
わからないので、聴いてみたいです。
開発コンセプトとしては「耳に刺さる高音を徹底的に抑制しかつ超高域までクリアな音」らしいです。
高域がどこまで伸びるかによっては欲しいですね。

 

価格は、4,830円と比較的買いやすい設定です。

筐体も真鍮にクロムメッキとのことですので、真鍮好きな方には試聴無しで買っても良いかもしれないですね。
真鍮と言えば、少し高くなりますが、「SATOLEX Tubomi DH302-A1Bs」もありますね。
どちらが良い音か比較してみても面白いですね。

 

発売日も年内最後の日、大晦日に早まりましたので、今年最後のイヤホンとして購入されても良いかなと思います。

 

それにしても、筐体が美しい!


 


 
 

Newer: 2016年に買ったモノを反省してみる・・・反省するモノはなかったぞ。良い買い物をした!

Older: ウォークマン「WM1Z」「WM1A」そしてAK380との比較記事が出ています!

in the Music category...

Newer: 最近流行のワイヤレスイヤフォンの記事が出ています。個人的なおすすめは記事に出ていないTaoTronics製品です!

Older: ベリリウム振動板を使った3000円を切るイヤホンがドスパラから登場!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion