2014/10/15

散々悩みましたが、来年の手帳はA5の1日1ページのEDiTにしました。
ほぼ日のカズンとも悩みましたが、ジブン手帳の週間バーチカルを使い切れなかったので、週間は無くても良いかなというのと、ノートしても使うので、人の眼にも触れるのでやっぱりシンプルなのがいいかな。
という理由から、EDiTにしました。

楽天の買い回りがちょうどやっていたので、リフィルのみと、安いけど評価が高かったレザーのカバーを注文しました。

使い始めは1月からなので、もう少し先ですが、来たらどう使うか思案してみたいと思います。
数ヶ月悩みましたが、とりあえず決まって良かった。

まぁ何よりも、1年間使い続けられるかが一番の問題ですけどね(笑)


 
2014/09/30

今年も、買っては挫折するアナログ手帳の季節がやって参りました。
といっても、今年2014年は使ってません。
2013年にジブン手帳を買うも3ヶ月程度で挫折。これがアナログ手帳の最後。
結局自分にとっては作りも全部わかっていて使い慣れたRocoCalが最良な訳で。
これはきっと、BlackBerryが無くなるまで変わらないと思う。
RocoCalよりも優れているものがあるかもと思って他の手帳に手を出すから挫折したんだと思う。
自分にとって、RocoCalより優れたスケジュール管理は無いから、それを補う形での手帳を探せば良いんだ。

自分に必要な2015年の手帳は・・・と考えたところ、
1. 自分のスケジュール管理以外を管理
2. ノートの代わり
3. メモの代わり
4. ちょっとした日記
上から順に必要なもの。

ノートとメモって結局どこに書いてあるか探すのが大変だから、1日1日、区ぎりがあった方が後々探しやすそう。
おまけに日記とかそんなにいっぱい書かないから、空いたスペースにちょっと書くときは書けば良い。
そうなると、1日1ページが良さそう。
色んなものを集約するから、文庫本サイズよりもA5くらいの方が便利と考えると、ほぼ日カズンかEDiTに落ち着くわけですが、そこからは決めかねる。ずっと決めかねてる。
軽くするなら、少しでも小さいEDiTのB6かカズンのavec。
週間予定が必要ならカズン一択。(ただし、ジブン手帳で挫折してるからいらないかなとも思う)
avecだと、狭間の管理が難しいかなとも思うし、ノートとしても使うから結局必要になってきそう。
そうなるとB6のEDiTなのかなとも思う。

Jetstreamとの相性があまり良さそうでは無いのも気になる点。
なかなか決まらない手帳選び、いつ決着することやら(笑)

平日は毎日PCを持ち歩いてるし、スマホもあるし、GoogleCalendar+One Noteで完結はするんだけど、漢字がどんどん書けなくなってきているのが気になるのと、字っていろいろ変わって面白いんだよね。
ちび姫と毎日交換日記をしていて、最初の頃よりもずっと字が上手になって、いっぱい書くようになったり、変化がとても楽しめる。
字を書くことって本当に大事。
そのための手帳でもあるんだよね。

結局、どっちにするかはまだ決められてないけど、あと3ヶ月あるからのんびり考えよ。

マークス 2015手帳・スケジュール帳【B6変型・EDIT1日1ページ・2015年1月始まり】スープル(ET)
B00LS33ISO
金額:¥ 3,456
 

Copyright © Rocomotion