Astell&KernからDACモジュールの交換ができる新しいプレーヤー「A&futura SE180」が発売されるぞ!


Astell&Kern SE180

AK史上初、“DACモジュール交換できる”「A&futura SE180」 - AV Watch:


アユートは、Astell&Kern史上初となる、“DACモジュールを交換できる”ポータブルオーディオプレーヤー「A&futura SE180」を5月21日に発売する。価格は209,980円。カラーはMoon Silver。同日に、専用DACモジュール「SEM2」を49,980円、リアルレザーケース「SE180 Case」も14,980円で発売する。

(Via AV Watch)


Astell&Kernから新しいプレーヤーが登場します。
今回は・・・なんとDACモジュール交換タイプです。


SE100の次にSE200が出ましたが、今回は珍しく型番が小さくなりSE180となりました。
SE200の音質はSE100とは違いましたので、SE100の後継がSE200では無かったのかと思っています。
SE100を使っているので、今回のSE180の音がどのような感じなのかはとても気になるところです。


アユートのSさんがこのようにつぶやかれていますので、SE100に似た感じなのかもしれません。



モジュール交換式と聞くとFiiOやCayinが思い出されますが、どちらもそこまで流行ることはありませんでした。
Astell&Kernならどうなるのか、とても興味があります。


デザインはAstell&Kernらしくクールな感じを踏襲しています。
本当に洗練されていて格好良いです。


標準モジュールは「SEM1」が付属します。
「SEM1」は、以下のようなモジュールです。

8ch DACのESS製「ES9038PRO」をシングル構成で搭載。広いダイナミックレンジとシャープなディテールを実現すると共に、PCMで最大384kHz/32bit、DSD 11.2MHzまでのネイティブ再生が可能

また別売で「SEM2」も同時発売され、こちらは以下のような特徴を持つモジュールです。

旭化成エレクトロニクスの「AK4497EQ」をLR独立させたデュアル構成で搭載。標準付属の「SEM1」(ES9038PRO×1)とは異なるサウンドとオーディオ性能が楽しめる。SEM2を接続した場合は、PCMで最大768kHz/32bit、DSD 22.4MHzまでのネイティブ再生が可能。

どちらかというと、SE100に近いのは「SEM1」の方かもしれないですね。
対局にあるモジュールなので、両方入手して聴き比べたいです。

どちらのモジュールも、3.5mm 3極アンバランス、2.5mm 4極バランス、4.4mm 5極バランスとなります。
どれでも聞くことができるのがとても便利です。
今までAstell&Kernが好きで2.5mmで揃えてきましたが、今後プレーヤーを買い変えた後は4.4mmで揃えた方が良さそうです。


スペック


  • Bluetooth5.0
  • コーデック:SBC/AAC/aptX HD/LDAC
  • 内蔵メモリ:256MB
  • 外部メモリ:MicroSD 1TBまで対応
  • USB-TypeCによる急速充電
  • USB-DAC機能
  • 大きさ:137×77×19.9mm(縦×横×厚さ)
  • 重さ:280g

SE100が133×75.8×15.3、241gですので、ほんの少し大きめな感じですね。


新機能


新機能として「AK File Drop」があります。
同一ネットワークからワイヤレスファイル転送ができます。
これはとても便利になりますね。
既存の機種にもアップデートでぜひ付けて欲しい機能です。


発売日・価格


発売日は、2021年5月21日です。
価格は、209,980円です。
SEM2は、49,980円です。
レザーケースは、14,980円です。


なかなか良いお値段ですので、SEM2・ケースセットでもう少し安くして欲しいところです。


--
久しぶりに気になるDAPが出てきました。
まずは、試聴してみたいです。