Mac用のスピーカーとして「Audioengine A2+ Wireless」を使い始めました!最高の環境ができあがった!


Audioengine オーディオエンジン ブルートゥーススピーカー A2+WIRELESSW ハイグロス・ホワイトペイント [Bluetooth対応][A2+WIRELESSW]

経緯


今まではiMacの内蔵スピーカーを使っていました。
今回、MacMiniに変えたことにより、スピーカーが、より貧弱になってしまいました。
そこで、まずはHomePod miniがスピーカー代わりにならないかと思い購入しました。
AirPlayの場合、残念ながらYoutubeの再生が終わると内蔵スピーカーに戻ってしまうので、毎回HomePod miniを選択し直さなければならずスピーカーとして使うには難しかったです。


こうなったらちゃんとしたスピーカーを設置しようと思い調べてみました。
それが以下の記事です。



いろいろ悩んだ結果、「Audioengine A2+ Wireless」を選択しました。



外観


大きさ的にはとても丁度良く、これ以外の機種では存在感が出すぎてしまったと思いますので、この機種を選んで正解でした。。
そして、白の光沢はとても高級感があります。
実は、このスピーカーに決める時に最後まで悩んだのが「色」でした。
なんとなく「白」が良かったのですが、傾斜をつける純正スタンドが黒なのです。
公式の画像を借りるとこんな感じです。

純正スタンド

これなら「黒」の方がしっくりくるかなとずっと考えていました・・・
それでも「白」のスピーカーの方が良かったので・・・白いスタンドが無いか調べてみました。
純正ではありませんが、「Kanto S2」のスタンドが見つかりました。
これなら存在感が少なそうですので、このスタンドを使うことにしました。



傾斜が付くことで耳に向かって音が出るようになりますので、より良い音になるはず・・・なのですが・・・
個人的には、多少は違うような気もしますが、あまり違いはわかりませんでした。
直に置いても反響することもなかったので、このスタンドは気持ち的な物になってしまいました。
純正と比べて存在感は少なくなりますし、色の違和感も無いので、このスタンドは気に入っています。
白を購入される方は、デザイン的にはこちらのスタンドをおすすめします。



接続


以下の4つの入力ソースを利用することができます。


  • USB
  • 3.5mmステレオミニジャック
  • RCA
  • Bluetooth

WirelessはHomePod miniやAmazon Echoがありますので、使ってはいません。
他の3つは使用しています。

  • USB → MacMini
  • 3.5mm → DELL U2720QM
  • RCA → evo4 → MacMini

MacMiniに2つ、サブディスプレイのU2720QMの音声出力に1つ使っています。
排他制御はかかっていませんので、すべてのソースから同時に音を出すことができますので切り替える手間も無く使い勝手が良いです。


サブディスプレイには、会社用パソコンなどを接続します。
使う頻度は少ないですが、必要になった時に音が出るようにしてあります。
MacMiniに接続しているUSBとRCAですが、この2つを繋ぐことで結構使い勝手が上がっています。


evo4を通した方がより音が綺麗になりますので、音楽を聴く際にはevo4に出力を変えます。
Youtubeなどの音声があるものについては、USBの方が聴き取りやすいのでUSBを利用します。
そして、普段はUSBにしておくことで、OSでの音声コントロールが利くので使い勝手が良いです。
(evo4の場合は、evo4 アプリか、直接つまみをコントロールする必要があります。)


ちなみに、A2+とevo4の接続は以下のケーブルを使いました。





派手めな音ではなく、フラットに近い丁寧で綺麗な音です。
ドンシャリ好きな方には向かないですが、透明感のある音が好きな方には合うと思います。


今回スピーカーを導入した理由の一つに、在宅勤務で音を流しながら仕事ができるようになったので、BGMとして心地良く聞きたいという思いがありました。
今までは、通勤時間に聴くことが多かったので、ポータブルプレーヤーにイヤホンでした。
しかし最近は、パソコンでiTunesやYoutube、Amazon Prime Musicということが多くなりました。
そのため、あまり主張し過ぎず、フラットで綺麗な音であることは重要なポイントでした。
このスピーカーは、そのようなニーズにとても合っていました。
フラットで綺麗めな音ではありますが、ボーカルの声が聞きやすく、希望通りの音です。
少し控えめではありますが低域も出ています。


今回オーディオインターフェースのevo4も導入しました。
evo4を通すことで、透明度が増し、高域がより鮮明に聞こえるようになります。
楽器の音も鮮明になり、全体的なバランスが良くなり、より自然な音に聞こえるようになりました。
しかし、その反面ボーカルは少し下がります。
このボーカルが少し下がることで、Youtubeのような話し声を聴くものに対しては、evo4を通さず、A2+直の方が聴きやすいかなと感じました。



音楽を聴きたい時はevo4、それ以外をUSBにすることで使い勝手の良い環境ができあがりました。



このスピーカーを選んで良かったです。
そしてevo4の導入も正解でした。

「Mac」+「evo4」+「audioengine A2+ Wireless」は、使い勝手、音、外観すべてにおいて大満足な組み合わせだと思いました。