短縮URL生成サイト「bit.ly」のAPIv4へのマイグレーションの方法



短縮URL生成サイトを使ってURLを短くしているプログラムがあります。
以前はGoogleのを使っていましたが、サービス終了に伴い、老舗の「bit.ly」へ乗り換えて以来ずっと利用しています。


そのbit.lyのバージョンがV4となり、今まで使っていたV3が使えなくなるというので、マイグレーションを行いました。



bit.lyのAPIはシンプルですので、マイグレーションも難しくはありませんでした。
実際はマイグレーションというか書き換えを行いました。
PHPの場合は、以下の関数へURLを渡せば短縮URLとなって返ってきます。


function get_short_url($url) {

	$access_token = 'アクセストークン';

	$baseurl = 'https://api-ssl.bitly.com/v4/bitlinks';
	$ch = curl_init($baseurl);
	curl_setopt($ch, CURLOPT_POSTFIELDS, json_encode(['long_url' => $url]));
	curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
	curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
	curl_setopt($ch, CURLOPT_HTTPHEADER, [
		"Authorization: Bearer ". $access_token,
		"Content-Type: application/json"
	]);
	$results = json_decode(curl_exec($ch));
	$link = $results->link;

	return $link;
}

この関数を使う場合、「アクセストークン」の場所をご自身のアクセストークンへと変更してください。


--
以前はTwitter内で利用するURLが文字数に含まれていたので短縮URLが重宝しましたが、最近はTwitterの文字数に含まれなくなりましたし、どこに飛ぶのか分からないので、あまり使われなくなってきたかな。





 
 

Newer: スマホからテレビやプロジェクターへ出力する方法を探ってみた!無難なのは有線?無線?

Older: IPv6に移行したら「フレッツ光メンバーズクラブ」での回線認証が通らなくなったのを解決したお話

in the プログラム category...

Newer: no data

Older: Twitter連携アプリのOAuth認証が出来なくなったのが無事解決!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion