プロバイダを変更してIPv6へと変えたら…速度がかなり向上したのでもっと早く変えれば良かったってお話


IPv4 to IPv6

最近夕方から夜になるとインターネットが重くなることが多くなってきました。
そこで速くするために、今まで躊躇していたIPv4からIPv6への変更を行うことにしました。
現在使っているプロバイダはInterlinkでしたので、InterlinkでIPv6となるとDS-Liteに対応したルータが必要になります。

そこで、DS-Lite対応のルータに変更するか、プロバイダを変更するか選択する必要が出てきました。

ルータを変える方が気軽なのですが、DS-Liteに対応しているルータだとメッシュを作る事が難しいです。
プロバイダもあまり変えたくないというのが本音です。
プロバイダを変えたくない理由の一つには違約金があります。
もし移った後に遅かったりしても元に戻れません。
そういうこともあり違約金の無いinterlinkを利用していました。



こんな理由でなかなかIPv6にすることに躊躇していました。
しかし速度低下が顕著に出てきましたので、そうも言ってられなくなってきました。
さらに、AirMac Extremeも調子が悪くなってきて、近々Wifiルータの変更も必要になりそうです。
次のWifi環境はメッシュにしたいという思いが強いので、DS-Lite対応ルータにすることはやめ、プロバイダを変更することにしました。



IPv6で候補にあがるプロバイダで速度が速そうなのは「GMOとくとくBB」と「Biglobe」の2つしかありません。
そこで、モニターもやっている「GMOとくとくBB」にしてみようと思いモニターへ応募しました。
しかし「GMOとくとくBB」の場合、NTTのフレッツ・v6オプションが利用中だと使うことができないと言われました。

しかし、フレッツのページを見ると、以下のように書かれています。

「フレッツ 光ネクスト プライオ1」、「フレッツ 光ネクスト プライオ10」、「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」、「フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ」 、「フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ」、「フレッツ 光ネクスト マンション・ギガラインタイプ」に予め提供される「フレッツ・v6オプション」相当の機能については、取り外しができません。

現在ギガラインを使っていて、フレッツ・v6オプションを外せないことを「GMOとくとくBB」に伝えても、不可なものは不可という感じでした。
そこでBiglobeの方では大丈夫かと聞いてみたところ、「問題ない」と即答されました。
GMOとくとくBBとBiglobeの切替方の違いはわかりませんが、「GMOとくとくBB」の決まりなのでしょう。
仕方がありません。
というわけでプロバイダはBiglobeに決定しました。



プロバイダは決まりましたが、IPv6にすることで気になる点があります。

  1. 外→内向きのVPNが使えなくなること
  2. 内→外向きのSSL-VPNに影響が無いか

1点目については確定事項です。
OpenVPNならポートを変更できるため問題無さそうです。
LAN内にあるQNAPをVPNサーバとして使うことで代替策となりそうです。

2点目については不確定事項です。
検索してみると内→外向きのSSL-VPNは問題ないと書かれているブログがありました。
ダメだった場合でも、BiglobeならIPv6オプションライトに戻すことで、PPPoEとはなりますが今まで通りとなるので切り替えてみることにしてみました。



Biglobeへの申し込み自体はあっという間に終わり、登録後すぐに接続が可能となりました。
Biglobeに切り替えただけ(IPv6オプションライト状態)でも体感的な速度はあがりました。
このままでも良いかなと思いましたが、せっかくですので、全てがIPoE接続となるIPv6オプションへ切り替えることにしました。

夜に申し込んで次の朝には切り替わっていました。
Biglobeの仕事の速さはとてもありがたいです。



この状態で速度を測ってみたところ…

IPv4の場合
IPoE + IPv4 over IPv6
アップロード 660 Mbps
ダウンロード 800 Mbps

IPv6の場合
IPoE
アップロード 550 Mbps
ダウンロード 840 Mbps

Interlinkの時の速度は分かりませんが、1桁違うくらいの速度だったのは間違いありませんのでかなりの速度改善です。



VPNに関しては、内→外のSSL-VPNに関しては何もしなくても問題なし。
外→内のOpenVPNに関しては、多少はまったものの接続できるようになりました。
よって、懸念事項だった項目に関しては、すべて解決できました。

もっと早く切り替えれば良かった。


--
IPv4とかIPv6とはなんぞやという方は、このサイトの絵がわかりやすいと思います。
VPNのはまった点やその他気になった事はまた別のお話で。