家で使うヘッドホンとしてノイズキャンセルヘッドホン「SONY WH-1000XM4」を購入したら、思っていた以上に快適になった!


SONY WH-1000XM4が快適

最近は、ほぼ在宅勤務となり、家で音楽を聴くことが増えました。
今までは外で聴くことがメインだったためにイヤホンが多かったのですが、家で聴く時にはイヤホンよりもヘッドホンの方が便利です。


ヘッドホンの中でも、ワイヤレスヘッドホンならさらに使い勝手が良いです。

家で使うのだからワイヤードでも良いかなと思ったり、ノイズキャンセルが無くても良いかなと思ったり・・・
いろいろ考えると、なかなか購入には至りませんでした。


ワイヤレスヘッドホンと偏に言っても、さまざまな種類が出ています。
とはいえ、機能や音質、価格のトータルバランスで考えると「SONY WH-1000XM4」を越えるヘッドホンは無いと思っています。
というわけで、「買っちった。」


WH-1000XM4の良さ


  • 軽い
  • ノイキャンが必要十分
  • マルチポイント対応
  • 聴きやすい音質
  • 外せば止まる。付ければ始まる。

外音取り込み機能、Speak to Chat機能などもありますが・・・
家で使う分には使わないので、家で使う分にはメリットにはなりません。
アダプティブサウンドコントロールも、家だけなので・・・


重いと疲れてしまうので、軽さは正義。
ノイキャンも、必要な音は遮断しますし、声などはそこまで遮断しませんので使いやすいです。
そして、何よりもマルチポイントの使い勝手が良いです。
Mac MiniとiPhoneの2つを登録してありますので、家で使う分には困ることが無いです。
切り替えること無く、片方を止めて、もう片方を再生するだけで自動で切り替わるのがとても便利です。


WH-1000XM4で気になる点


  • 側圧が少し強め

ノイキャンもあるので難しいのかもしれませんが、側圧はもう少し弱いと良かったです。
我慢できないほどの強さではないものの、私にとって長い時間の使用は厳しいです。


aptX非対応という点も気にはなりました。
しかし、現在繋いでいる機器はMacMiniとiPhoneなのでaptXではなくAACで十分です。
高音質で聴きたい場合はSE100にMH1で聴くので、ここは譲れる点でした。
この点が譲れない場合は「WH-1000XM3」が、価格も安くなっているのでおすすめです。



使ってみて


本当に手軽。
ワイヤードでも良いかと思いましたが、ワイヤレスで本当良かったです。
手に取って電源を入れれば勝手に繋がり、再生すれば音楽が流れる。
快適過ぎます。

ノイキャンについても、家の中なら不要かと思っていましたが、実際にはそんなこと無かったです。
パソコン周りには、NASのファンノイズなど結構ノイズがあります。
「WH-1000XM4」のノイキャンが効くと、さーっと静まりかえるのはとても気持ち良いです。
集中することもできますので、仕事中に使うには特に重宝する機能でした。

そして、手を伸ばせば届くところに置いてあるので、手軽に使えるのも良いです。
ケースにしまっていたりすると使わなくなるかもしれません。
このような、机などやラックなどに取り付けることのできるヘッドホンスタンドを使うと邪魔にもならず便利です。



そして、何よりもマルチポイントは本当に便利。
家で使う場合、パソコンとスマホに繋ぐことが多いと思いますので、この切替不要なマルチポイントは偉大です。


私の使い方において、「SONY WH-1000XM4」は最適解だったと思います。
1000XM3の時に感じた音の篭もりも無いですし、電源を入れるだけで繋がる。
ヘッドホンを外せば停止され、また付ければ開始。
快適です。


家で使う用のヘッドホンを探している方には、本当におすすめの機種です。



ちょっと気になる存在


このヘッドホンを買ったあとに出てきた、final監修の「ag WHP01K」はとても気になる存在です。
私は、「SONY WH-1000XM4」を購入した後だったので、迷わなくて済みました。
ノイキャン、マルチポイント、aptX、aptX LL対応、10,000円を切る価格・・・
音質もfinal監修なので、きれいな音が想像できます。
この価格でこの機能・・・家で使うには良いかもしれません。


私は、「SONY WH-1000XM4」で大満足なので、後悔はまったく無いです。
ただ・・・今からワイヤレスヘッドホンの購入を考えている方は、「ag WHP01K」も視野に入れてみた方が良いと思います。
コスパは間違いなく最強レベルです。



さすが・・・大人気のようです。
入荷まで時間がかかりそうです。