MX ERGOが届いたので早速使ってみた!これは・・・快適過ぎる。トラックボールの進化を見た!


トラックボール

先日購入しましたMX ERGOが届きました。
今までは同じLogicoolのM570tを利用していました。


不便だった点は、以下の記事に記載しております。



その点を補うべく今回はMX ERGOを購入しました。


セットアップ


早速届きましたので、早速セットアップをします。
最近のには説明書というものが付いていないのですね。
「Logicool Options」をダウンロード。電源を入れてペアリングするという絵が描いてあるシールが貼られているだけでした。
ただ・・・その通りで問題なくできたので、問題ありません。



今回接続するのは、iMac 2011(High Sierra)とMacBook Pro(Catalina)の2台です。
まずは、iMacから接続します。
以前M570tを使っていましたのでUnifying レシーバーが刺さっています。
そのUnifying レシーバーへ接続してサクッと完了・・・
なのですが、今回Bluetoothでも接続できるので、試しにBluetoothでやってみました。



見つかりません・・・



Unifyingに先に接続してしまっていたので、Unifyingのペアリングを削除してみました。



それでも見つかりません。



試しに、MacBook ProでのBluetooth接続はあっさり見つかりますし、接続も問題ありませんでした。



Bluetooth接続は10.13以降が対応となっていたので問題ないはずなのですが、iMacでは接続できませんでした。
そこまでこだわりやポートが足りないわけでも無いので、iMacではUnifyingで接続することにしました。


接続が完了しましたら、設定に入ります。
今回以下のように設定してみました。(iMac、MacBook Proともに共通)


MX ERGO 設定


快適です。


最初ジェスチャーを設定しても動かず何か他に設定があるのかと悩んでいたのですが・・・
そもそもやり方が違っていました。
ホイールクリックしながらマウスを動かすのがジェスチャーなので、トラックボールの場合は、ホイルクリックしながらボールころころとなります。
一生懸命にホイールを回したり横に倒していました・・・


このように設定することで、今まで不便に思っていたことがすべて解決しました。
Magic Trackpadが無くても、MX ERGOだけで快適に操作が可能になりました。



マルチデバイス


マルチデバイスの切替も早くストレスもありません。
Logicool Flowもデバイス切替と比べると時間はかかります(2、3秒くらい)。
それでも、これでファイルコピーができると思えば速いです。
端っこにカーソルが行くと、意図せずにもう一つのデバイスの方に行ってしまうので、コンピュータ間での切替は「Ctrlを押しながら端に移動」にした方が便利に使えるかもしれません。



傾斜


20度の傾斜は持ちやすいです。
少し使ってみると、もう少し傾斜があっても良かったかもしれません。
Kensingtonの60度は見た目は絶壁ですが、案外快適かもしれません。



不満点


とても使いやすいのですが、不満点が無いわけではありません・・・
以下の点は次期トラックボールで改善されたら嬉しいです。

  1. ボールのメンテナンスがしにくい
  2. ラバーソールが滑る
  3. 少し大きい

1つ目は皆さんが感じていることですが、M570tは指で押し出すだけでボールが外れたので間単に掃除ができました。
MX ERGOは指が入らないため、何か鉛筆のうしろなどで突っつかないといけません。
トラックボールは埃が溜まりやすいので、もう少し考えて欲しかったです。

2つ目はチルドを横に倒したときに本体も動くことがあるので、もう少しグリップが効くと良かったと思います。

3つ目はM570tがベストサイズだったこともあり、少し大きく感じます。
私の手が小さく、本体の高さがあるので、手首が少し疲れそうです。
リストレストを用意した方が良いかもしれません。



感想


全体的にバランスの良いデバイスで使いやすいです。
この数年での進化に少し驚いています。
不便なところはすべて無くなりました。
値段は少し高いですが、買って損は無いと思います。



おまけ


今回ペリックスのボールに変更しました。
滑りがとても良くなり更に使いやすくなります。
Logicoolのボールは、最初から付いているボールも悪くないため劇的には変わりません。
それでも、さらに滑りを良くするにはペリックスのボールがおすすめです。
M570tのボールも良かったですが、ペリックスのボールは引っかかりがまったくなくスムーズです。