Apple Watch Series 6を購入しました!Series 2からの更新で変わったこと・・・その差は・・・


Apple Watch Series6を買った!

Apple Watchを変更しました。
今までSeries2を使っていましたので、4年ぶりの更新です。


Series2では、使い続けるかもわからなかったので、一番買いやすいアルミのシルバーを買いました。
今ではApple Watchが無いのは考えらい生活になりました。

そこで今回、買い換えるに当たって同じ色ではつまらないので、ブラックを買おうと思っていました。
しかし、いろいろ見ていると、とても気になる色を発見しました。


チタニウム!


落ち着いた色味で高級感のあるケースです。
当初ブラックにしようと思っていましたので、スペースブラックなチタニウムにしようかと思いました。
しかし、アルミのブラックとの差がほとんど無さそうです。
そこで、今回はシルバーなチタニウムシルバーを選択しました。



量販店には置いていないケースなので、Webの色味が頼りです。
注文もApple Storeのみとなります。
到着までドキドキしましたが、注文してから9日間で到着しました。



チタニウムの色味


さて、気になる色味の違いですが・・・


アルミとチタニウムの色差

左がSeries 2の「アルミ」、右がSeries 6の「チタニウム」です。

アルミとはだいぶ色味が違います。
高級感がありつつも落ち着いた色味です。
Webの通りの色味ですので安心しました。
ミラネーゼループの色味はアルミやステンレスの方が合うと思います。



使い勝手


使い勝手は・・・日常的な使い方は今までと変わりません。
画面が大きくなったこと、チタニウムにしたことで、ほんの少し重くなったような気はします。

数値上では、34.2g(Series2のアルミ)から41.3g(Series6のチタニウム)へと変わっています。
7gの差だと大きく感じられますが、付けている分には気になる程ではありません。

血中酸素濃度や睡眠がわかるようになったことが今回のSeries6の大きな変化ですが、日常的に使う分には・・・頻繁に使うものではないので、たいした変化はありません。
血中酸素濃度を毎日測ることは無いと思いますし、睡眠は「Auto Sleep」というアプリで取っていたので、Apple Watchで取れるようになっても個人的には大きな変化ではありません。

画面が大きくなったので見やすくなったことと、動きがスムーズになったのはとてもうれしいポイントです。

それよりも大きな変化は、常時表示です。
これのために買ったようなものですので、「SE」にするという選択肢はありませんでした。
Series 2でストレスになっていたのが、なかなか画面が表示されないこと。
腕を持ち上げても反応せず、タップして表示することが何回も何回も何回も・・・ありました。
そのため、文字盤の常時表示は必須でした。

この効果は絶大ですので、これからApple Watchを購入する方には、「Series 3」、「SE」よりも「Series 6」をおすすめします。



バンド


今回もバンドはミラネーゼループを使っております。


ミラネーゼバンド

ぱっと見は同じですが、実は違うところがあります。

Series 2についているバンドはAmazonで購入した1,000円程度のミラネーゼループ。
Amazonのミラネーゼループといえば、BRGですね。



そして今回、Series 6に付いているのは、10,000円程度する純正のミラネーゼループです。



正直なところ、見た目での違いはありません。
よーく見ても違いには気づきません。
留め具もほぼ同じです。


見た目の違いは・・・ない


見た目は一緒ですが、付けてみると違いがあります。


その違いは、以下の3点です。


  • 純正の方が少し軽い
  • 純正の方が外側の磁力が弱い
  • 純正方がしなやか

外側の磁力に関しては、純正の方が弱いので良いです。
念のためですが、腕側になる内側の磁力は問題ないです。

BRGの方は内側も外側も同じ磁力のため、金属に吸い寄せられくっつきます。
腕が持っていかれて外れてしまいそうになることもありました。
純正も多少はくっつきますが、吸い寄せられるほどの力はありませんので使い勝手は良いです。


BRGは磁力が強い!

BRGのはこんな感じで持ち上がります。


今回純正を使ってみて、使い勝手は確かに良いです。
しかし、BRGのバンドを約4年ほど使った中で、金属に触れて外れたこともありません。
磁力が強くて何かが壊れたり読み取り不良になったこともありません。

この価格差を考えたら・・・BRGの方でも問題ないのではないかと個人的には思います。
縒れが気になれば、簡単に交換できる金額ですし、BRGでも良いと思っています。
(私は4年間交換していませんが・・・縒は気にはなりません・・・)


Apple Watchとは話が逸れますが、バンドの掃除には超音波ウォッシャーがおすすめです。
汚れがとても綺麗になります・・・バンドって案外汚れているので、これで掃除すると黒い水となります。




雑感


チタニウムの色味はもちろん良い感じです。
しかし比べなければ、ぱっと見はアルミかチタニウムかは分からないと思います。
見た目重視なら、キラキラと輝くステンレスが良いと思います。(ただ少し重いです。)
チタニウムのガラスは、より傷つきにくいガラスが使われていますが、アルミでも傷が気になったことはありません。
見やすさは多少チタニウムのガラスの方が透明感があるように感じます。


ミラネーゼループも、見た目ではBRGでも純正でも変わりません。
機能の違いを考えても・・・


見た目の部分は、自分の好きなモノを選べば良いと思います。
ただ一つだけ、今買うなら絶対に「Series 6」を選択した方が幸せになれると思います。
ストレスなくApple Watchを使うため「Series 6」を選択しましょう。


そうそう、予定を出している方は、次の設定だけは変えた方が良いです。
「設定」→「一般」→「画面表示と明るさ」→「常にオン」→「気密コンプリケーションを非表示」をオン。
オフのままですと、常時点灯で他の人に予定を見られてしまいます。
この設定をオンにすると、省電力の時は予定の内容は見えなくなり、普通に見たら表示されるようになります。


Apple Watchは、バッテリーがそんなに保たないし、値段も高いですが、私の中では、無くては困る大切な道具です。
Series 2のアルミも良かったですが、常時点灯しないのだけはストレスでした。
Series 6のチタニウムには、見た目の満足感、機能ともに満足しています。