クラムシェル型、横スライド式キーボード付きAndroidスマホ「F(x)tec Pro1」のレビューが出ているぞ!


F(x)tec Pro1

「F(x)tec Pro1」レビュー ポケットに収まるサイズ感、QWERTYキーは日本語入力が快適 (1/3) - ITmedia Mobile:


「F(x)tec Pro1」は、英国のFX Technologyが開発したハードウェアQWERTYキーボード搭載のAndroidスマートフォンだ。奇遇にも、既にレビューを掲載した「Cosmo Communicator with HDMI」を開発したPlanet Computersも英国企業だったが、日本で取り扱う販売代理店も同じリンクスインターナショナルだ。日本での取り扱いは7月から始まった。価格は大型量販店で10万9880円(税込み※ビックカメラ.comの場合)だ。

(Via ITmedia Mobile)


久しぶりにキーボード付きAndroid端末の登場です。
それも横スライド型です。


縦型キーボードであれば、「BlackBerry」や「Unihertz Titan」が出ていました。
横スライド式となると・・・最近はあまり聞かないよう気がします。
かなり遠い記憶です。




「F(x)tec Pro1」のスペックは以下の通りです。


  • SoC:Snapdragon 835
  • メモリ:6GB
  • ストレージ:128GB
  • ディスプレイ:5.99インチ(1080×2160px)
  • 無線LAN:802.11a/b/g/n/ac
  • Bluetooth:5.0+LE
  • カメラ:1200万画素+500万画素(インカメラ)
  • OS:Android 9
  • USB:Type-C
  • SIM:nanoSIM(デュアル)
  • サイズ:73.6×154×13.98(mm)
  • 重さ243g

比較的小型でポケットにも収まるサイズとなっています。

Titanは300gを越えているので、そこまで重たくないので常用できそうです。
BlackBerry KEY2は160gなので・・・



縦型キーボードだと、横幅は出てしまいますが、キーボードの片手打ちはできます。
横型キーボードだと、厚みは出てしまい、キーボードの片手打ちはできません。

それでも、横持ちできない時はソフトウェアキーボードを使うなど、必ずキーボードを使う・・・ということを止めれば、横型キーボードの方が扱いやすいと思います。



1台で済ませられるメリットはあるものの、この価格を考えると、Bluetoothキーボードを持ち歩いた方が、使い勝手は良いかもしれないなとも思います。



その反面、常用できるキーボード付きAndroid端末と考えると、とてもバランスの取れた機種だと思います。
またキーボード付きAndroid端末に興味がある方にとって、とても魅力的な製品に違いはありません。



YouTubeに動画レビュー(英語)もありました。





--
個人的には・・・キーボード付きならBlackBerryがやはり優秀・・・かな・・・
という感想です。
KEY3は出ないのかな・・・