「鬼滅の刃 風の道しるべ」が7月3日(金)発売決定。本作とは違う角度から見ることのできる短編小説です!


鬼滅の刃 風の道しるべ (JUMP j BOOKS)
 

JUMPjBOOKS史上最高の初版70万部!『鬼滅の刃 風の道しるべ』が7月3日(金)発売決定。|株式会社集英社のプレスリリース:

 
JUMPjBOOKS『鬼滅の刃』シリーズ3作目となる、『鬼滅の刃 風の道しるべ』。 1・2作に続き短編集であるが、注目は風柱・不死川実弥の誕生秘話である。 原作では19巻に、不死川実弥が鬼殺隊隊士・粂野匡近と出会い、やがて柱になるというエピソードが登場しているが、それを小説ではさらに詳しく描く。 他にも、霞柱・時透無一郎と刀鍛冶の里の小鉄との交流、伊之助とカナヲの友情秘話、人気の「キメツ学園」エピソードも収録される。 表紙・挿絵は、吾峠呼世晴による描きおろし。

(Via プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES)

 

本日の週刊少年ジャンプにて終了致しました「鬼滅の刃」の小説版です。
既に2作分発売されており、今回3作目となります。


マンガやアニメとは違った視点で書かれています。
「鬼滅の刃」ロスになってしまった方は、このシリーズの小説で寂しさを埋めるのも良いと思います。
本作品は、今まで同様の短編集です。
今回のポイントは「不死川実弥の誕生秘話」だそうです。
不死川実弥はアニメだけを楽しんだ方には、まだ出てこないので分からないですね。
まずはマンガを読んでから楽しみましょう。

こういった作品は、マンガでは語られていない部分を知ることができますので、ファンの方必見です。




 

既に発売されているシリーズ1作目は「鬼滅の刃 しあわせの花」で善逸やアオイとカナヲの話が書かれています。
シリーズ2作目は「鬼滅の刃 片羽の蝶」でカナエとしのぶの話などが書かれています。

 

過去のシリーズも短編集なので、気軽に楽しめると思いますし、鬼滅の刃ファンの方には良いのではないでしょうか。
ただし、本編とはだいぶ違うテイストのようですので、合わない方には合わない可能性があります。
しかし、それ以上に語られなかった部分を見ることができる楽しみもありますので良いのではないでしょうか。

本作とは違った作品は評価が分かれることがありますが、色んな角度から楽しむことができるので個人的には良いと思っています。

鬼滅の刃ロスを紛らわすにはもってこいの作品になるのではないでしょうか。