acoustic effectのイヤーピースに変えてみた。これはいいぞ!おすすめ!


アコエフ
 

早速、acoustic effect(以降アコエフ)のイヤーピースが届きましたので、早速変えて聴いてみました。
夜にポチって次の日には発送されましたので、早い対応ですね。
そして、送られてきたものはイメージカラーの黒い立派な箱に入ってきました。
入っているものは、イヤーピース6個とメンテナンスキット(こちらはアコエフのイヤホン用ですかね。)です。
まずイヤーピース自体ですが、様々なところで書かれていますが、とても柔らかいイヤーピースです。
ふにゃふにゃです。このふにゃふにゃさは耳が痛くならないと思います。
変な圧迫感もなく適度にフィットする感じです。
ただし、多少表記のサイズよりも小さめかもしれません。Mを購入しましたがMSに近いかもしれません。

さて、早速交換して聴いてみました。

まずは、大本命IE800の純正イヤーピースを変更してみました。
環境は、AK380にアンバランス接続です。

一聴してすぐに変化が分かります。
音の輪郭がはっきり明瞭になり、高音の煌びやかさが、さらに煌びやかになります。
しかし、高音寄りというわけではなく、どちらかというと、中低域寄りに動きます。
よって、低音は強めになります。しかし音が明瞭になった低音なので、すっきりしていて良いです。
IE800は低音強めなので、ちょっと強いかなとも思いますが、高音もはっきりするので、IE800の良さを一回りから二回り引き出した感じになります。
以前にSpinfitに変えたときはそこまで思わなかったので、IE800にアコエフイヤーピースはとっても合っていると思います。
しかし残念なことに、IE800のステムの短さ故に、よほど気をつけて耳から外さないとイヤーピース自体が耳に残ります。
よって、残念ながら常用は難しいです。
家など落ち着いた環境で聴くには最適なイヤーピースだと思います。

 

 

IE800ではそうなるだろうなと予測していましたので、次にUE900sに付けてみました。
UE900sには今までSpinfitを付けていましたので、Spinfitとの比較となります
環境は、AK380にOnsoの2.5mmケーブルでのバランス接続です。
IE800の時ほどの大きな変化は無いのですが、やはり音の輪郭がはっきりするので、煌びやかさが増します。
そして、中高音寄りのUE900sに低域が加わります。
IE800の傾向と同じで、中低域寄りに動きますが、高音を潰すわけでは無く、音がはっきりした分、全体的に一回りUE900sの良さを引き出していると感じます。
Spinfitに変えることで、UE900sのきれいな高音をさらにきれいにしたものよりも、さらにきれいに聞こえます。

 

そして両方に言えることなので、全体的なものでしょうが、音の余韻が増したように感じます。
音の輪郭がはっきりして、さらに余韻が増しますので、全体的に良く聞こえるようになると思います。
また、ぼやっとしていた音がはっきりするので音が増えたようにも感じます。
聞きくらべると確かに存在はするのですが、くっきりすることで気づくようになるようです。

 

試した2つのイヤホンで、どちらも良い方向に動いていますので、他のイヤホンでも良くなるのでは無いでしょうか。
かなりおすすめのイヤーピースですね。
難点は入手方法が、公式Webからの注文のみとなることでしょうか。
または、ポタ研やヘッドフォン祭などに出店されているときには販売もされているようです。
それも、S,M,Lのひとつずつ入っているものを販売しているようですので、イベントの際に購入された方が良いかもしれません。

私は、微妙に右と左の大きさが違う感じがするので、今度イベントがある時にイヤホンも聴いてみたいので、寄ってみようと思います。

 

1300円+送料でこの音の変化が楽しめるのは、お手軽ながらお勧めできるチューニングです。 なんちゃんの綺麗な声がさらに綺麗に、うっちーの弾むようなかわいい声がよりかわいくなりまっせ!

 

個人的に残念なことは最初から諦めていたはずなのですが・・・IE800で常用できないこと・・・
IE800+アコエフイヤピの音がとても好きでした。

           

 
 

Newer: お誕生日の演出に「光る氷」を使ってみたらいい感じでした!

Older: スクフェス×Aqoursコラボシングル「ジングルベルがとまらない」発売日です!

in the Music category...

Newer: アイマスコラボヘッドフォンもそろそろ予約限定数に近づいている模様

Older: acoustic effectのイヤーピースを買ってみました!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion