iMacのファンが止まらない件はセンサー異常と判明


Apple Hardware Test

先日からiMacの復旧に奮闘していますが、ガラスは復旧、ファンは止まらない状態です。
とりあえず、Macs Fan Controlでファンの速度を落としています。
特に暴走することもなく、CPUも35度から45度の間なので、その辺りを越えたらファンの速度を上げるように設定しました。


「Apple Hardware Test」をしてみることにしました。
やり方を見ると、「D」を押しながら起動と書いてありましたが、それだと通常に起動してしまいましたので、インターネット経由での起動方法「option+D」を試したら、「Apple Hardware Test」が起動しました。
ファンが荒ぶっているのでうるさくて仕方がありませんが、1時間くらいかけて検査した結果、「4SNS/1/40000000: TLOP-124」のエラーが出ました。
このコードを調べてみた結果、「温度センサーの異常」であることがわかりました。
対処方法が英語だったため、理解に困りましたが、「とりあえず液晶のセンサーケーブルの接続をみたらいーよ」的な事が書かれていました。


週末にトルクスドライバーを買ってきます。


Amazonの安いのは、力を入れるとねじに負けて変形すると書いてあったので、ホームセンターか100均で見てこようと思います。
トルクスドライバーなんてほとんど使わないから、必要なT8、T10だけあれば良いような気もしますが、特殊ねじまわしセットは一つあるとハードディスクの分解にも有用なので、ねじに負けると困るので、それなりのを買おうと想います。


微妙にMacが遅い気がするんだよな。
ぐるぐるが良く出るようになったような・・・
気のせいと言うことにしておこうかな。

とりあえずは、センサーエラーだけで良かった。




 
 

Newer: e-onkyo musicでのハイレゾ音源はガールズ&パンツァーが本当強いですね

Older: iMacの液晶保護ガラスを交換してきれいにはなりましたが・・・

in the ひとりごと category...

Newer: ファイナルライブも終わり、何を楽しみにすれば良いのか・・・

Older: iMacの液晶保護ガラスを交換してきれいにはなりましたが・・・

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion