外部マイク「SENNHEISER MKE200」にミニ三脚「ULANZI MT-16」の組み合わせの使い勝手がとても良い!


SENNHEISER MKE200

先日「SENNHEISER MKE200」を購入しました。
早速届いたので、一通り試してみました。
iPhoneで使っているため、必然的にLightningは使えないため給電もができなくなるためノイズも皆無です。
音もとてもクリアで、指向性マイクらしく前方からの音を良く拾うことができています。
後ろからの声は、小さくなりますが、まったく拾わないわけではありません。
個人的にはもう少し拾わない方が良かったです。


このマイクを使う上でiPhoneにそのまま付けることはできないので、ミニ三脚を用意しました。
今回用意したのは、安価なのにとても評判の良かったULANTIの製品を購入しました。


ULANZI MT-16


こちらのミニ三脚には、GoProマウントが付いていますが、スマホ用のマウントは付いていないので同じULANZIの商品を購入しました。


ULANZI スマートフォン三脚マウント ST-06


この2つがまたとても使い勝手が良いのです。


MKE200をマウント

ST-06を使うと、このような形でスマホの上にマウントして使うことができます。
自撮りを頻繁に行う人にはMT-16にあるコールドシューを使うと、この部分は回るので向きを間単に変更することができます。


こちらのシューは回る

ST-06へiPhoneをマウントする場所を真ん中では無く下側の方にすれば、ケーブルが引っかかることもなく間単に縦にも横にも変更できます。
このMT-16とST-06があれば、困ることは無さそうです。
ミニ三脚にもなり、自撮り棒になり、さらに4段階に伸びるので、ある程度の高さまで録ることができます。


今回、同じULANZIのミニライトも購入したので、暗いところでも平気です。
こちらもコールドシュー対応なので、ST-06でもMT-16のどちらにも付けることができます。
とても明るいところまで光るので、卓上の撮影で困ることは無さそうです。
そして、こちらの商品にもミニ三脚が付いているので、ライトを別の場所に置くこともできます。
MT-16やST-06に付けることもできますし、一緒に付いてくる三脚につけて好きな場所に置くこともでき使い勝手が良いです。



MKE200をスマホで使うことを考えている方には、ULANZIのMT-16とST-06の組み合わせはとてもおすすめです。
GoProも持っている方にはこのセットを持っていると、GoProでもスマホでも使えるので荷物を減らすこともできます。


おすすめです。